夏バテをひきおこす原因とは?

夏バテの一番大きな原因と言われているのが、自律神経の働きがうまくいかなくなるということです。

自律神経とは何でしょうか?

私達の身体の中で、自分の意思で動かそうと思って動かしているのではない、動かせない部分がありますよね。

たとえば、心臓を動かす、血液を流す、腸を動かす・・・など。

このほかにも栄養を吸収したり、体温を調節したりするのも、この自律神経の働きによるものです。

自律神経は、活動したり、興奮した状態の時に働く交感神経と、休んだり、リラックスしている時に働く副交感神経とで成り立っていて、この二つがバランスよく働くことで、私達の身体は健康な状態を保つことが出来ています。

逆に、バランスを崩すと、体調不良を起こすといわれています。

気温、湿度ともに高い夏場は、オフィスやお店、電車の中などで、エアコンが使われています。

35度を超す屋外から、クーラーの効いた室内や車内に急に入ったり、またクーラーで身体が冷えた状態で、炎天下の屋外に出たりということをくり返すと、その温度差が大きすぎて自律神経がうまく働かなくなり、「クーラー病」

といわれる夏バテになってしまうのです。

夏バテかな?

と感じる時、一番最初に起こる症状が、食欲不振という人も多いのではないでしょうか。

暑さによって、胃の消化機能が低下してしまい、栄養の吸収も上手くされないことから、体調も悪くなり、また食欲がないという悪循環に陥ってしまいます。

また、暑いからといって冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂っていると、胃腸が冷やされてしまって、その機能が低下し、食欲不振をひきおこします。

必要な栄養素を取り入れることができず、身体の中からも冷えてしまっていては、夏バテはどんどん進む一方ですね。

そんな身体を休めようと睡眠をとろうとしても、夏に何日も続く「熱帯夜」

都市部では特に、夜になっても気温が下がらない傾向にありますし、マンションなどのコンクリート製の建物は、日中熱くなった建物自体の熱のせいで、夜も室内の気温が下がらない、寝苦しい環境になっています。

人間の身体は、夜になって体温が下がると入眠しやすくなると言われていますが、このような環境では寝付きが悪くなり、睡眠不足を引き起こします。

その結果、疲労も回復せず、自律神経の乱れも加速してしまうというのです。